>> >> 大人も子供も本気で楽しめるチャンバラごっこ!?『チャンバラ合戦-戦 IKUSA-』に参戦してきたでござる #チャンバラ合戦

大人も子供も本気で楽しめるチャンバラごっこ!?『チャンバラ合戦-戦 IKUSA-』に参戦してきたでござる #チャンバラ合戦

| by いぢま。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[AD]

IMG 20170320 001

ども、コンニチワ。子供の頃、妹の雛人形が飾られる度にお内裏様の刀でチャンバラしようとして怒られていた いぢま。@ezm_t )です。

さて、今回はチャンバラ合戦のご紹介です。
チャンバラの紹介というとスポーツチャンバラを思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、全く違います。
チャンバラ合戦です。戦(IKUSA)です。
剣道やスポーツチャンバラのように1対1で叩き合うようなものではなく、大勢で楽しく戦うチャンバラの合戦なのです。

じゃあ、ゆるゆるなお遊びかと思うと、それもまた違うんです。
結構マジで戦います。でも、むちゃくちゃ楽しいです。

今回、縁あってお誘い頂いたので体験、いや、出陣してまいりましたので、その様子を中心にご紹介しますね。

え?え?『チャンバラ合戦-戦 IKUSA-』って何?と気になっちゃった貴方のお役に立てればコレ幸いにございます。

[AD]

チャンバラ合戦 -戦 IKUSA- とは?

チャンバラ合戦-戦 IKUSA-』とは NPO法人ゼロワンが主体となって全国各地の町興しイベントや企業のスポーツイベントなどで行われている楽しく平和的なリアル合戦ゲームです。
使用するのはスポンジ製のとても柔らかなと、腕に装着する『』となる柔らかなプラスチックボール。
その腕に着けた『命』のボールを落とし合うという実に平和的な合戦ゲームなのです。

IMG 20170320 002
▲ カッコイイけど結構フニャフニャな刀と大事な『命』の玉

合戦に使用する刀はスポンジ製で、持ち手の部分にしか芯が入っていないので余程の不幸な偶然でも重ならない限り怪我をしたくても出来ないぐらいフニャフニャです。
(これで怪我したいと思う人はそうそういないと思いますがw)

そして、『命』となるボールも柔らかなプラスチック製で中に空気と小さな鉄の塊が入っていて、利き腕と反対の腕に巻くベルトに内蔵された強力磁石によって腕に装着されるのです。

IMG 20170320 003
▲ 腕に巻いたベルトに強力磁石でピタッと付く『命』

この『命』のくっ付き加減がまた絶妙なんです。
腕に装着した状態で陸上選手ばりに腕を振って走らない限り、多少走り回ったぐらいでは落ちないんです。
ところが、刀で叩かれたりするとポロっと落ちるんです。

恐らく、何度も試作を重ねてここに辿り着いたのだろう思うのですが、この絶妙なくっ付き加減が合戦をより面白くしていると感じました。

あまり激しく動くと『命』が落ちてしまうかもしれないと慎重になりながら、でも、敵と対峙したら身体を捻ったり、走ったり、前後左右にフェントを掛けたり...。
それこそ文字通り『命』を掛けた駆け引きが生まれるのです。

IMG 20170320 004
▲ 戦ノ掟説明(ルール説明)を受けているの図

【遊び方の基本】

  • 其の壱:刀は利き腕に持ちます
  • 其の弐:利き腕と反対の腕には『命』を装着するベルトを巻きます
  • 其の参:腕のベルトに『命』を装着したら自分の命が落ちるまで触らない
  • 其の四:「IKUSA開始!」の合図で合戦開始です
  • 其の伍:『命』を落とされた者は速やかに合戦場の外へ出ます
  • 其の六:体当たりは禁止です
  • 其の七:合戦中に落ちた『命』の着け直しは禁止です
  • 其の八:他の人の『命』を刀以外のもので落とすのは禁止です
  • 其の九:武士道に反する行いは全て禁止です

その他、公式PVを見て頂ければ遊び方や雰囲気が掴めるかと思います。


▲ チャンバラ合戦-戦IKUSA-公式PV

ルール説明を受けたら、今度は各陣営ごとに作戦会議です。
開始の合図とともに奇襲を掛けるのか、ジリジリと詰めて行くのか、1陣営を集中して攻めるのか、全体に分散するのか、などなど戦略を練って戦に臨みます。

IMG 20170320 005
▲ 各陣営の総大将を中心に真剣に作戦会議をする大人たちの図

いざ、合戦開始!

IMG 20170320 006
▲ 刀を挙げて、いざ戦開始の図(Photo by TSURUTA MAKOTO

「刀を挙げよ!」「IKUSA、開始〜っ!!!」の号令とともに、いよいよ合戦が始まりました。

IMG 20170320 007
▲ 大の大人が実に真剣で実に楽しげに戦うの図

号令の直後こそ恥ずかしそうにしていた大人たちが、敵との距離が詰まると徐々にテンションが上がってワーキャー言いながら其処彼処で戦いや追い駆けっこを始めます。

もう、そこには年齢も性別も関係なく、童心に帰って、或いは侍魂に火が付いて、本当に真剣にそして楽しく戦うのでした。

IMG 20170320 008
▲ 一戦目を終え、総大将に檄を飛ばされるの図

殆どの人がチャンバラ合戦初体験なので、戦いの極意はまだ身に付いておりません。
戦いの前後には総大将(中の人たち)から様々なアドバイスを受けながら徐々に戦い方のコツを掴んでいくのですが、何故か自然と正座しちゃうっていう...w

IMG 20170320 009
▲ 二戦目の大将戦を前に用意された砦の図

一戦目はすべての敵をせん滅するまで戦うチーム戦でしたが、二戦目からは各陣営の大将の命を落とした時点で勝敗が決する大将戦となります。

IMG 20170320 010
▲ 勝つぞ!エイエイ、オー!!!の図

大将戦では砦が一つ用意され、赤軍、緑軍、黄軍が一戦ごとに交代で砦の大将を守り抜く戦いが繰り広げられました。
勿論、砦を持っている陣営が他陣営に攻め込んで大将を落としてもオッケーです。
兎に角、大将の『命』を落とされた陣営はその時点で全員退陣しなくてはならないというルールです。

砦を守る軍以外の軍勢が結託して砦を落としに行き、砦の大将を落とした後は互いの大将を取り合うなど、気分は正に戦国武将でしたね。

IMG 20170320 011
▲ 姫を守れ!後ろ!後ろだ!後ろ来てるって!の図

護衛の気を引いている隙に刺客が背後から...とか、数人でまとまって突撃とか、それぞれの陣営で戦略を練って攻め込んだり、守ったり。

いや、ホント、これ楽しかったですわ。

IMG 20170320 012
▲ やったー!勝ったぞー!の図

もう、ここまでくると陣営ごとの仲間意識やチームワークもバッチリ出来上がっていて、本当に共に戦国時代を生き抜いて来た、正に同士のような感じでしたね。

最後は陣営関係なく最後まで生き残った者が勝ちという所謂バトルロイヤル形式の戦いで締めくくられました。
そして、オイラ、ちょこまかと逃げ回ってたら最後の3人に残ってしまい、若者2人に挟まれて逃げ場を失い討ち死にするなど、最後の最後まで楽しませて頂きました。

IMG 20170320 013
▲ 中の人たちからの総評を伺うの図

戦いが終わって、今回の合戦にお誘いくださった中の人たちからのご挨拶と総評を伺って、みんなで記念撮影などいたしました。

いや、ホント楽しい時間が過ぎるのはあっという間ですね。
時間と体力が許すなら、もう2〜3戦したい気分でありました。

戦いを終えて

今回初めて体験させて頂いた『チャンバラ合戦-戦 IKUSA-』ですが、正直に白状すると実際に参戦する直前まで「そこまで真剣になることはないだろうから、程よいところでヤラレて、後は取材に徹しよう」なんて思ってました。
ところが、いざ始まったら楽しくなっちゃって、動画を撮ることも忘れ、全体像を写そうと持って行った 360°カメラの THETA などカバンからも取り出し忘れているという有様。
もうねえ、そのぐらい夢中になれる楽しい戦いでした。

そんな『チャンバラ合戦-戦 IKUSA-』は様々な地域の町興しイベントや企業のスポーツイベントなどとも非常に相性が良いんですね。
既に様々な自治体と連携して合戦イベントが開催されていて、今後も様々な場所が合戦場になるようです。
特に、お城を有した街や戦国時代の合戦場だった場所、有名な戦国武将ゆかりの地などは親和性が高く実施し易いんでしょうね。

また、社内運動会など企業のスポーツイベントでは顔見知りだからこそ、それぞれの部署に絶対に負けられない相手があったり、腕に自信のある剣道経験者が未経験者にコテンパンにされたり、といったチャンバラ合戦ならではの戦いが繰り広げられるそうです。
いやあ、楽しそうですよね。

そして今回、実際に体験して感じたのはみんなチャンバラ好きなんだなってこと。
一人として、つまらなそうにダラダラしている人はいませんでしたし、みんな真剣に楽しでいましたね。
きっと、子供の頃からテレビの時代劇や歴史の教科書などで自然と馴染んでいるから...いやいや、寧ろDNAにそもそも組み込まれているのかもしれません。そう、侍魂が。

これ、あれですよ、侍や忍者、鎧兜などのコスプレして参戦したら更に盛り上がりますよ。
前述した各地域のイベント紹介サイトをご覧頂くと、場所によってはイベントの参加条件が戦国衣装着用だったりして結構ガチに戦国武将になりきってやってたりします。
そりゃもう、ゼッタイ楽しいやつですよ。

オイラも次回参加する時にはちゃんと衣装揃えて行こうかと思ってます。
ええ、なんでもオイラみたいに自発的に衣装用意しようとか考えちゃう人は戦国をこじらせてるらしいです。
でも、どうせならこじらせた方が絶対楽しいと思うんですよね。
誰か一緒にこじらせませんか?(笑)

IMG 20170320 014
▲ うりゃーーー!と気合が空回りするオジさんの図(Photo by TSURUTA MAKOTO

さて、ここまでお読みいただいて「楽しそうだなあ、やってみたいなあ。」と思われた貴方、やりましょう!
オイラみたいなオジさんでも充分楽しめましたから、子供は勿論大人でも充分楽しめますよ!
あ、別に戦国こじらせなくても大丈夫ですから(笑)

これから開催の合戦も多々ありますので、気になった方は公式サイトや各自治体などのイベント情報などをチェックして、是非参加してみてください。
必ず満足して頂けると思います。

あ、でも、翌日、筋肉痛はちょっと覚悟した方がいいかもですw

さてさて、今回の記事は貴方のお役に立てましたでしょうか...。


▼ こじらせグッズ色々ありますね(笑)

[スポンサードリンク]

コメント

スポンサードリンク

Powered by Movable Type 6.3.2
FSC2

スポンサードリンク

更新お知らせメール

新しい記事がアップされたらメールでお知らせするIFTTTレシピです。
よろしければ使ってみてください。

IFTTT Recipe: ブログ「KnowledgeColors」に新しい記事がアップされたらメールでお知らせするIFTTTレシピ