>> >> >> 【今週のロビくん】DeAGOSTINIの週刊『ロビ』第2号・第3号が届きました

【今週のロビくん】DeAGOSTINIの週刊『ロビ』第2号・第3号が届きました

| by いぢま。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[AD]

IMG 20130312 001

うおおおおお!ロビくんキターーーッ!!!
あ、すみません。コンバンワ、いぢま@ezm_t )です。ロビくん来ました。

先月(2013年2月26日)にDeAGOSTINIさんからの直送定期購読を申し込んだものの、あまりの人気に出荷が追いつかなくなっているご様子の『ロビ』くんでございますが、先週末(2013年3月9日)に待ちに待った2号・3号が届きました。
という事で、喜びを噛み締めつつ中身をチラッとご紹介致します。

これから定期購読を申し込もうとしている方々のお役に立てればコレ幸いにございます。

[K]【長い長い旅の始まり】DeAGOSTINIの週刊『ロビ』の定期購読を申し込んじゃいました - ナレカラ -Knowledge Colors-
【前回の記事】

[AD]

配送について&開封の儀的なもの

さて、オイラが申し込んだ直送の定期購読ですが、奇数号の発売日頃にその前号と合わせてお届けとなっております。
つまり、3号の発売日頃に2号とセットで送られてくるという事です。
で、5号の発売日頃に4号とセットで送られてきて。。。以下、69号まで続いて、最後に70号ってな感じになるんですかね。
ただ、現在の在庫枯渇状態を受けてのお詫び的な特例措置なんでしょうか、今回3号の発売日前に届いちゃいました。
まあ、早く届く分には何の文句もないので、素直にアザーッス。

因みに、定期購読の申込み時期によって創刊号〜第3号の発送時期に違いが出ている様です。
以下はDeAGOSTINIさんの『定期購読お申し込み』ページよりの引用です。

【創刊号】は、2月24日以降のお申込みについては3月中旬より順次発送予定です。
【第2号】は、3月2日以降のお申込みについては4月上旬より順次発送予定です。
【第3号】は、3月2日以降のお申込みについては4月中旬より順次発送予定です。

オイラは2月26日に申し込んだので、創刊号は遅れて3月中旬頃発送の見込みですが、第2号以降は予定通り発売日頃に発送されたという事ですね。
これから定期購読を申し込まれる場合は3月中旬スタートになるという点にご注意ください。
恐らく書店で申し込まれても同様だと思いますが、念のため書店でも確認してみるのもイイかもしれません。

DeAGOSTINIさんも嬉しい誤算でテンヤワンヤだと思いますが、そのうちこの混乱も終息するでしょう。
まあ、先は長いですから気長にいきましょうかw

取り敢えず、今回届いたモノを確認していきます。

IMG 20130312 002
▲ こんな感じでゆうパックにて届きました。

IMG 20130312 003
▲ 中身は第2号、第3号、それから「定期購読お申込みの方全員プレゼントのお届けチョット早まります。ごめんなさい。」的なご案内状が1通でした。
因みに創刊号〜第35号の購読で頂ける読者全員プレゼントとは『ロビ』くんの声で「時間だよ!」ってお知らせしてくれるアラーム『Robiオリジナル ボイス付クロック』となっております。
当初コレは2013年6月中旬以降順次お届けの予定でしたが、生産の都合上2013年6月4日発売の第15号と一緒にお届けになるそうです。
こちらも早くなる分には何の文句もございませんので、アザーッス。宜しくお願い致します。

ところで、オイラ、特製バインダーも頼んだんですけど入ってなかったっす。
と、思ってもう一度『ロビ』くんのサイトで確認したら、特製バインダーは第6号と同時発売だそうで、第6号の発売日頃に送られてくる模様。ちゃんと見てなかったっす。すみません。楽しみに待ちます。

では、『ロビ』くんを確認していきましょう。
但し、著作権的な大人の事情もあるので誌面丸ごとは紹介出来ません。
ロビ』くんのパーツと一緒にチラ見せぐらいなら許して頂けそうなのでそのぐらいの紹介でご勘弁を。

[スポンサードリンク]

#02(第2号)

IMG 20130312 004
▲ こちらが第2号になります。

内容的には、「世界を制した自律型サッカーロボット『ヴィジオン』」のお話や、ロボットクリエーター高橋智隆氏によるロボットの未来のお話、ロボットが主人公のCG映画『ロボッツ』についてのお話と今号に付いてきたパーツの組む立てガイドって感じになっています。

IMG 20130312 005
▲ 第2号で組み立てる内容はこんな感じ♪

IMG 20130312 006
▲ パーツの他にプラスドライバーが1本付いています。

創刊号では目のパーツの周りにライトを反射する為の反射テープを貼るという工程だったので工具は不要でしたが、今回からはいよいよネジ止めによる組み立てが始まるって事ですね。
まだ、創刊号は届いてませんけど、電子版を同時購入しているのでマガジンは読んでます。f(^_^;

IMG 20130312 007
▲ 第2号で組み立てるのは『ロビ』くんの目からアゴに掛けてのパーツ(点線で囲まれた部分)のようですね。

IMG 20130312 008
▲ 組み立てるとこんな感じになると。。。
でも、まだ創刊号が来てないので目が付けられない。。。 ・゚・(ノД`)・゚・
って事で、第2号分の組み立ては創刊号の到着後のお楽しみとなります。

#03(第3号)

IMG 20130312 009
▲ こちらは第3号の表紙です。

内容的には、CMでお馴染みの『ムラタセイサク君®』のお話、ロボットクリエーター高橋智隆氏による『エボルタ君』のお話、オイラも大好きな『ガンダム』の話、顔認識技術の話、第3号でのパーツの組み立てガイドとなっております。

IMG 20130312 010
▲ 第3号での組み立て内容はこんな感じ♪

IMG 20130312 011
▲ 画面上部の水色のパーツは『ロビ』くんの首もとにあるマフラー部分のようですね。コレは『ロビ』くんを運ぶ時の取っ手になっているそうですよ。
中央に写っている基盤はもっと後の工程で使用するのでそれまでは袋から出さずに保管しておくのだそうです。

IMG 20130312 012
▲ で、第3号で組み立てる部分は胴体が完成するまで『ロビ』くんの頭部を仮置きしておく為のヘッドスタンドの右肩と右腕になります。

IMG 20130312 013
▲ ヘッドスタンドとは別にサーボケーブルを準備しておく様です。
そして、次号第4号ではいよいよサーボモーターの組み立てをするようですよ。ワクワク (゚∀゚)

第3号のパーツは創刊号に依存しないので、そのまま組み立てられそうです。
組み立てに関しては別途リポートするつもりですが、やっぱり順番に紹介したいので創刊号到着後にしようと思います。
創刊号は今月20日頃から順次発送予定らしいので、その後という事で。。。

今回のまとめ

創刊号がまだ届いていないので、第2号のパーツが組み立てられないというのはチョット痛いですが、まだまだ先は長いからと自分を慰めております。

でもまあ、直送定期購読だと2週おきになっちゃうから待ち遠しくて我慢出来なくなっちゃうとか思ってましたが、意外と待たされた感はなかったので、この先も待てそうな気がしてます。
2号まとめての方が届いた時の喜びも倍になるのか、或は初めて実物を手に入れた興奮があるのか、まあ、そんなところかもしれませんがw

実際に現物を見た印象としては、ホントに初心者向けに優しく構成されているなあって感じです。
組み立てるパーツは少なくて、ホントに20〜30分もあれば組み立てられそうな簡単な作業ですし、マガジンの方もサラサラっと読める文量なので、忙しいビジネスマンの方でもサラッと読んで、サラッと組み立てて、次号が届くまでは仕事に集中みたいな感じで丁度いいんじゃないかと思いますね。
届いた日にパパッと組み立ててその後は次が届くまで忘れておくってのもアリなんぢゃないかと。
ほら、あまり待ち遠しくしてると次が届く前に作りたい気持ちが溢れて別のロボットキット買いに走っちゃいそうですからw

そんな具合で、この先ものんびり地道に続けていこうと思った次第です。
定期購読のお申し込みをご検討中の方々の参考になれば良いのですが。。。
気長に続けていけそうな方は是非♪ o(^▽^)o

[スポンサードリンク]

コメント

スポンサードリンク

Powered by Movable Type 6.3.2
FSC2

スポンサードリンク

更新お知らせメール

新しい記事がアップされたらメールでお知らせするIFTTTレシピです。
よろしければ使ってみてください。

IFTTT Recipe: ブログ「KnowledgeColors」に新しい記事がアップされたらメールでお知らせするIFTTTレシピ