>> >> モデル・タレント・各業界の有名人も続々参加していて2551店のオンラインショップまとめ読みできるサービス『#Cart(カート)』とは

モデル・タレント・各業界の有名人も続々参加していて2551店のオンラインショップまとめ読みできるサービス『#Cart(カート)』とは

| by いぢま。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[AD]

IMG 20150617 001

ども、コンニチワ。出会いを大事にしているくせに人を覚えられなくて顔と名前が一致するようになるまでに何度も出会わないといけない いぢま。@ezm_t )です。

さてさて、今回は、新たなショッピング系のウェブサービス『#Cart(カート)』のご紹介です。
ええ、また面白そうな新サービスに出会ってしまいましたよ。
実は、今回ご縁があって中の人たちと直接お話しする事ができましたので、お勧めのポイントやらちょっと突っ込んだお話しやらを可能な範囲でご紹介しようと思います。

ネットショッピング大好きな貴方のお役に立てればコレ幸いにございます。

[AD]

そもそも『#Cart』って何?

この記事をお読みいただいているという事は、恐らくは貴方は関係者の方か、全く『#Cart』を知らない方のどちらかだと思います。
ま、関係者の方々は記事内容にまずいところがないかのチェックだと思いますので、取り敢えず置いとかせて頂いて、『#Cart』を知らない貴方の為に簡単ではありますが、どんなサービスなのかの概略などをまずご紹介しておきましょう。

『#Cart』の運営会社は株式会社ネットコンシェルジェという元々はECサイトのコンサルティングやサイト構築のお手伝いをしていたネット系ベンチャー企業さんです。
で、ECサイトさんのお手伝いをしている中で、それら EC サイトさん達の共通した悩みが集客にあるという事から良い商品を持っているのに様々な技術的な障壁にぶつかって商機を逃しているストアの支援をしたいと、メディア事業に転換して今年の4月に本格始動させたのが『#Cart』というサービスになります。

『#Cart』はストア運営者の方の手間をなるべく掛けずに集客の効果が見込めるように考えられたサービスなのです。
そして、ユーザーにはファッション雑誌のように美しい UI で効果的に商品を見せるだけでなく、有名人によるキュレーションやポイントの付与などのメリットを用意していたりします。

この記事執筆時点(2015年06月17日)で約2500店舗以上のオンラインストアの中からそのストアの一押し商品が登録され、有名人がキュレーションして、眺めているだけでも楽しい自分専用のマガジンが楽しめるサービスでもあるのです。

現在、ウェブ版(PC版・スマホ版)の他に iOS アプリ(Androidアプリは未定)も用意されていて、いつでもどこでもどなたでも楽しんで頂けるようにサービスの向上に日々努力中というこれからグイグイ来そうなサービスなのです。

サービス開始直後には TechCrunch さんにも取り上げられてたほど、実は既に多方面から注目のサービスなんですね。

有名人が埋もれた商品を発掘、ネットコンシェルジェが2億円調達でショッピングSNS強化 | TechCrunch Japan

では、続いて、実際にどんな感じなのかって辺りをご紹介していきましょう。

#Cart の特徴

IMG 20150617 002
▲ アカウント登録(無料)すれば毎日自分専用のマガジンが発行される

アカウントの登録は無料で、Twitter アカウントや Facebook アカウントでのログイン認証にも対応しています。

アカウント登録すると、Flipboard や Pinterest とはまたちょっと違うファッション雑誌のような美しい UI の基本ページが、自分のクリップ(お気に入りリストに保存すること)状態や閲覧履歴などをもとに毎日更新されます。
そのものずばり『マガジン』と呼ばれるこの基本ページ、これを見ているだけでも結構楽しいです。
買わなくても眺めているだけで、心豊かになった気がしたり、楽しい発見があったり...。
勿論、購買意欲が掻き立てられてしまったりもしますw

いやあ、やっぱり、美しい UI は良いです。
見ているだけで自分も美しくなった気がします。オイラの実体はそのままなんですけどねw

IMG 20150617 003
▲ スマホ版のサイト UI も美しい

で、ただ商品を紹介してくれるだけでなく、『#Cart』を経由してポイント対象店で買い物すれば『#Cart』内で商品券や厳選アイテムと交換可能なポイントが貯まるという嬉しい仕組みも用意されているんです。

楽天やアマゾンなどのポイント貯まる系ショッピングサイトに出店していない直営のオンラインストアでもお得に買い物できちゃうって訳ですよ。
更に、お店独自のポイントプログラムなんてのがあったら、そのお店のポイントと『#Cart』のポイントと両方付与されるので2倍にお得になっちゃうって事らしいですよ。
こりゃあ頻繁にネットショッピングを利用される方々には嬉しい仕組みですね♪

IMG 20150617 004
▲ おしゃんてぃな有名人がキュレーションしてくれる

タレント、ミュージシャン、スポーツ選手、ブロガー、作家、イラストレーターなどなど、色んな業界の有名人が公式ユーザーとして参加しているところも『#Cart』のセールスポイントになっています。
自分の憧れの人や尊敬している人が気になる商品をおすすめしてくれちゃう訳です。

お気に入りのモデルさんとかミュージシャンとかフォローしておけば、その方々がクリップした商品が簡単にチェックできて、勿論、そのまま購入する事も可能なのですよ。

ここで重要なのは、その商品を必ずしもその有名人が買った訳ではない、また、お店から無償提供された訳でもないというところです。
有名人も他のユーザー同様にマガジンを楽しみ、商品をチェックして、自分の感性の趣くままに商品をお気に入りリストに追加(『#Cart』では "クリップする" というそうです)しているだけなんですね。
ストアから有名人に商品をお勧めする機能はありますが、これはあくまでお勧めなので有名人の方々はそれを再紹介する義務も縛りもないそうです。
そう、一時期話題になったステマ的な事が起こらないようにちゃんと考えられてるんですね。

何より、自分が好きな有名人って自分と感性が合うから好きになっていたりするので、選ぶ商品も自分の好みに合っていたりするんですよねー。
ジャンルも様々で、モデルのあの人やミュージシャンのあの人、ブロガーでは半径5mのあの娘も公式ユーザーになってたりします。
え?ええ、オイラにはまだオファーないですよ。多分この先もないと思うけど。

参加ストアにも様々なメリットが

IMG 20150617 005
▲ 参加店舗数は日々増幅中!

『#Cart』に参加登録している店舗数はこの記事執筆時点(2015年06月17日)で2551店舗ですが、毎日のように参加申し込みやお問い合わせがあるそうです。
目標は打倒・楽天だそうなので、まだまだこれから参加するお店が増えていくんですね。
とは言え、サービス開始直後で2500店舗以上はかなり順調な感じじゃないですか。や、マジでマジでw

そそ、楽天やアマゾンなどと『#Cart』には圧倒的な違いがありまして、これが参加ストアさん達へのウリにもなっているらしいですよ。
それは、既にECサイトを持っていれば #Cart 用に新たなECサイトを立ち上げる必要が無いって事なんです。

参加しているストアさん達は『#Cart』内の管理画面で、お勧めしたい自分達の商品リンクをコピペするだけで『#Cart』のマガジンなどの記事にその商品が組み込まれて実際の購入には自分達のショップに訪れてくれるという超簡単なシステムになっているんですって。

オイラはオンラインストアとか持ってないですけど、想像しただけでも在庫管理や顧客管理などが自分の直営店舗+アマゾン+楽天ってな具合に複雑にならなくてきっと便利なんだろうなあと思う次第です。

しかも、ストアの参加も、有料プランと比べたら機能の制限はあるものの無料で始められちゃうんだそうです。

更に、有料プランに申し込めば前述した有名人に自分の商品を直接お勧めする機能も使えるようになるんですって!
普通に通販サイトやってても有名人の目に止まる機会なんてそうそうあるもんじゃないです。
それを直接ピンポイントで紹介できて、その方が気に入ってくれれば更に自分のフォロワーさん達にも拡散してくれちゃうかもしれない訳で、商品に自信を持っているお店の方々はこれ使わない手はないですね。

オンラインストア運営者の方々で、気になった方は是非『#Cart』の公式サイトからお問い合わせしちゃってください。

お問い合わせはコチラから→ 『出店をご希望の方 | #Cart

無料なんだから試してみればいいと思うの

で、勿論、オイラもユーザー登録して使い始めた訳なんですが、やっぱり楽しいっすわw

元々、特に目的もなくアマゾンのおすすめ商品を見てるだけでも楽しい人間なので、尚の事この手のサービスは嬉しいです。
誰でも知っているような有名なお店やブランドもあれば、今まで全く知らなかったけど「ナニコレ欲しい♪」な商品がポンと出てきたりするのも楽しいですし、お洒落で美しい UI も気に入っちゃいました。

や、結局のところ、前述したような『#Cart』の様々な特徴がどれも見事にオイラの感性にマッチしちゃったみたいです。
多分ねえ、Flipboard とか Pinterest とか Instagram とか、そうゆう系のアプリが好きな人なら気に入ってもらえると思いますよ。

色々と新サービスが出てくるたびに試していたりしますが、久々に触手を刺激されるサービスが登場したなって感じです。
お店とユーザー双方のメリットを考えた仕組みもとても好感が持てますね。

ま、ユーザー登録無料な訳だし、ちょっとでも気になったら試してみてください。
気に入ってもらえると思うんだよなあ。や、マジでマジでw

▼ iOS アプリ
ショッピング情報まとめ読みアプリ「#Cart(カート)」
カテゴリ: カタログ
販売元: NET CONCIERGE CO.,LTD.
価格: 無料

さてさて、今回の記事は貴方のお役に立てましたでしょうか...。

[スポンサードリンク]

コメント

スポンサードリンク

Powered by Movable Type 6.3.2
FSC2

スポンサードリンク

更新お知らせメール

新しい記事がアップされたらメールでお知らせするIFTTTレシピです。
よろしければ使ってみてください。

IFTTT Recipe: ブログ「KnowledgeColors」に新しい記事がアップされたらメールでお知らせするIFTTTレシピ