>> >> >> 【Androidアプリ】秋の夜長はNexus7など片手に『Sky Map(スカイマップ)』で星空を眺めてみては如何?

【Androidアプリ】秋の夜長はNexus7など片手に『Sky Map(スカイマップ)』で星空を眺めてみては如何?

| by いぢま。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[AD]

IMG 20130910 001

ども、コンバンワ。次女に星座の位置を聞かれてシドロモドロになってしまったいぢま。@ezm_t )です。

実は、実話です。
いやいや、オヤジギャグとかじゃなく、本当にちゃんと答えられなくて、タダでさえ無い父の威厳がマイナス方向に振れてしまった感じです。
で、このままでは悔しいので何か良いアプリでもないかと探していたら、長女がボソッと「Google Sky Map。 (-`_´-*)」なんて何故かキレ気味にアドバイスをくれました。
父の威厳取り戻すどころか更にマイナス方向な感じですが、長女のアドバイスに従って検索してみるとiOS版は無いのものの、Android版を見付ける事が出来ました。

で、Nexus7で使ってみるとコレがまたよく出来ている。
古いアプリなのでご存知の方も多いと思いますが、オイラの様にAndroid歴の浅い方など、ご存じない方もいらっしゃるかもしれないのでご紹介しようと思った次第です。

星座や星に詳しくなってイイとこ見せたいってな貴方のお役に立てればコレ幸いにございます。

[AD]

さて、『Sky Map』ですが、は元々Googleのプロジェクトの1つとして進められていたものが、2012年01月にオープンソース化されたものだそうです。
Android端末のジャイロセンサーを活用したアプリとして大変人気のアプリだったようですが、Googleがプロジェクトを終了してしまった為、その後のアップデートはされていないようです。

とは言え、アプリを立ち上げて端末を様々な方向にかざせばその方向に見える星々、星座を表示してくれる素敵アプリで、オイラが確認したところAndroid4.3の初代Nexus7でも問題なく使えました。

Nexus7を持って向いた方向に今どんな星々が見えているか、屋内に居てもまるで空間に穴を開けて覗いている様でチョット不思議な感覚です。
勿論、屋外で実際の星空に合わせて「アレが山羊座で、こっちが射手座かあ」みたいに星図代わりにも使えます。

って、実際の画面を見て頂いた方が早いですね。スミマセン。

IMG 20130910 002
▲ 立ち上がると、もういきなり星座が降ってきます。
画面をタップすると簡易操作パネルが数秒間表示されるようになっています。

画面左に並ぶボタン類は画面の表示内容のON/OFFの切り替えになっていて、ボタンをタップしてグレーアウトする事で星座線や惑星などの表記を消す事が出来ます。
星だけを残して余分なものを消せば夜空を眺めているような気分になれちゃうという事ですね。

左下のボタンはジャイロセンサーを使って端末を向けた方向の星を表示する「自動モード」とスワイプで表示を移動出来る「手動モード」の切り替えボタンです。

下部中央のボタンは表示倍率の拡大・縮小ボタンです。
後述しますが、拡大・縮小はピンチ操作でも可能です。

IMG 20130910 003
▲ 画面右下のメニューボタンをタップすると、詳細な操作パネルが表示されます。

検索
星座や星の名前でどの位置にあるかを検索出来き、検索結果は画面上に方角を示す矢印でどの方向を向けば良いか案内してくれます。
夜間モードの切り替え
画面全体の色合いを暗いものに切り替えて、暗さに慣れた目に刺激を与えない様にするモードへの切り替えが出来ます。
設定
画面に表示する内容のON/OFF切り替えやセンサーの設定など各種設定を行います。
ギャラリー
星雲などの写真を鑑賞出来き、画像表示中にボタンをタップする事でその写真の星雲などがどの方向にあるかを指し示してくれます。
タイムトラベル
設定した日時の星の位置を表示してくれます。
例えば、彼女の生まれた日時の星の位置を表示してあげて「君が生まれた時にはこんな星が見えていたんだよ。」みたいな歯が浮き過ぎて総入れ歯になる様な臭い台詞を吐く事も可能ですw
その他
使用方法のヘルプ利用規約です。

IMG 20130910 004
設定画面
センサー速度の調整など動作に関する設定も可能です。
調整はお好みですが、あまり過敏な設定にすると画面が揺れまくって見難いかもしれません。

IMG 20130910 005
タイムトラベル
日付や時刻を指定して「Go!」ボタンをタップすると指定された日時の星の位置に切り替わります。

IMG 20130910 006
ギャラリー
数種類の宇宙の写真を見る事が出来ます。
また、写真を表示している時に「Skyで検索」ボタンをタップするとその写真の星雲などがどの方向にあるのかを指し示してくれます。

前述の「検索」の検索結果やこの「ギャラリー」からの検索結果は以下の様に星空の表示の中に円や矢印で位置を示してくれます。

IMG 20130910 007
▲ 円の縁にある矢印が検索結果の星座や星雲などの方向を示しているのでその方向に端末を向けていきます。
で、きちんと検索結果の方向に向くと、円が大きめのオレンジに変わってその円の中にある事を示してくれます。

IMG 20130910 008
▲ 画面の表示倍率はピンチインで縮小、ピンチアウトで拡大出来ます。
拡大表示し過ぎると何が何だかよく分からない事になっちゃいますw

IMG 20130910 009
▲ 勿論、ランドスケープモード(横持ち)の表示にも対応しています。
但し、メニュー類は縦のままです。 f(^_^;

少々古いアプリですが、対応OSも「Android 1.5 以上」と多少古めのスマホやタブレットでも動く様なのでNexus7以外の端末でも楽しめそうです。
注意点としては、磁気の影響に弱いので屋内で電化製品やPCなどの近くだと大きく狂ったりします。
まあ、その辺はハードの問題ですし、そもそもジャイロやGPSはお外で使う前提ですから仕様がないですね。

とは言え、なかなか素敵なアプリなので試してみては如何でしょう。
Nexus7に限らず、Android端末をお持ちなら、このアプリをお供に星空を旅してみるのも一興ではないでしょうか。 (`・ω・´+) キリッ

あがっ、歯が浮いた。

スカイマップ
Sky Map Devs
価格:無料  平均評価:4.7(272,399 件)

[スポンサードリンク]
WILLER TRAVEL

コメント

スポンサードリンク

Powered by Movable Type 6.3.2
FSC2

スポンサードリンク

更新お知らせメール

新しい記事がアップされたらメールでお知らせするIFTTTレシピです。
よろしければ使ってみてください。

IFTTT Recipe: ブログ「KnowledgeColors」に新しい記事がアップされたらメールでお知らせするIFTTTレシピ