【ニューオープン】10月4日(月)食べ呑み大衆食堂『定食のまる大』1号店が東京・飯田橋にオープン!『庄や』などを展開する株式会社大庄の定食業態新規参入に期待大!

【ニューオープン】10月4日(月)食べ呑み大衆食堂『定食のまる大』1号店が東京・飯田橋にオープン!『庄や』などを展開する株式会社大庄の定食業態新規参入に期待大!

この記事はお気に召しましたでしょうか。
気に入って頂けましたらSNSでシェアして頂けると幸いです。
B!

IMG20210930-001.jpg

当ブログでも度々紹介させていただいている株式会社大庄さんが、またしても新たなお店をオープンするという嬉しいお知らせをいただきました。
しかも、今回は大庄さんとしては新規参入となる定食業態とのこと。

ということで、そんな新店舗の情報をお得なオープン記念のキャンペーンイベントも含めてバッチリ紹介させていただきます!

[スポンサードリンク]

昭和の風情が漂うノスタルジックな大衆食堂

2021年10月4日(月)に新たにオープンする『定食のまる大』は昭和の風情が漂うノスタルジックな大衆食堂といったコンセプトで作られているらしく、店内写真を見ただけでオジさんには昭和の記憶が呼び覚まされて堪らないです。
いや、昔を懐かしむオジさんオバさんだけでなく若い人たちにも昭和の風情が一周回って新しいみたいな受け入れられ方をするんじゃないでしょうか。

IMG20210930-002.jpg
▲ そこはかとなく昭和臭の漂う店内

だからといって、ただ昭和感を出せばいいというものではないですよね。年配の方でも人によっては昭和にそんなに思い入れはないよって人もいらっしゃるでしょう。そんな方々でもホッとできる、安心できる、そういった場所を目指してお店づくりをしてくれているようです。
ただ懐かしく感じるだけではなく、真心や温もりが感じられて、お腹だけでなく心も満たしてくれる。大庄さんはそんな場所を提供してくれるという訳です。

なぜ今、「昭和の雰囲気がある大衆食堂」なのか?

当社は創業以来50年間、食材の安全性を担保するとともに、店内でつくる「真心を込めた料理」と「ほっとできる人の温もり」を提供してきました。時代は昭和、平成、令和へ、世の中がデジタル化されればされるほど、「真心や温もり」はより鮮明に必要とされるのではないでしょうか。
だからこそ今、『定食のまる大』は、老若男女、誰もが気軽に安心して日常的に訪れることができ、お腹を満たし、心を満たし、日々の疲れを癒すことができる場所を提供します。

via. 【定食業態に新規参入】オヤジもヤングも昭和すぎてハマる!食べ呑み大衆食堂『定食のまる大』1号店を東京・飯田橋に10月4日(月)オープン‼首都圏中心に出店加速|株式会社大庄のプレスリリース

高コストパフォーマンスでバラエティ豊富なメニュー

今までも大庄さんが展開するお店のコスパの良さには何度も驚かされてきましたが、今回も圧倒的な品揃えとお値段以上のパフォーマンスが素晴らしいです。
創業から半世紀に渡って培ってきた「仕入れ力」によって、味や鮮度だけでなく食の安全・安心にも拘って厳選された素材をグループ店舗で一括仕入れすることでコストを抑えることができるのが大庄さんの強み。安く提供するために安いものを仕入れるのではなく、良いものを安く提供する力、それが大庄さんの「仕入れ力」なのです。
そうして仕入れた良質の素材を確かな技術力を持った料理人たちが仕上げていく訳ですから旨くないはずがない。結果としてお値段以上の満足を得られるという訳です。

IMG20210930-003.jpg

今回の『定食のまる大』でもその「仕入れ力」と「調理人の技術力」は遺憾なく発揮されているようです。
メニューは、定食・丼もの、麺類から総菜・おつまみに至るまで、毎日訪れても満足できる和洋中バラエティ豊かな116品!

IMG20210930-004.jpg
▲ 鮮度もコスパも抜群の海鮮料理たち

豊洲の老舗鮮魚仲卸『米川水産』から直送の魚を調理人が店内でさばく「刺身定食(5点盛990円/7点盛1200円)」や「海鮮丼(900円)」なんてきっと漁港近くの定食屋さんで食べるそれに匹敵、いやそれ以上かもしれません。

IMG20210930-005.jpg
▲ ザ・日本の定食「和食セット(1000円)」

さば塩焼き(または、さば味噌煮)・刺身三点盛・茄子味噌炒めがセットになったお得な「和食セット(1000円)」なんて、三角巾被ったおばちゃんが「今日はねぇ、いいタコが入ったんだよ。食べてみて。茄子もうまいよ」てな感じで持ってきてくれそうなおすすめ定食感が堪らないです。

IMG20210930-006.jpg
▲ 腹ペコの味方「鬼盛肉野菜炒め定食(1200円/並盛は750円)」

食べ盛り、育ち盛りの若者たちの食欲も満たしてくれるボリューム満点のメニューも充実。
肉と野菜がてんこ盛りの「鬼盛肉野菜炒め定食(1200円/並盛は750円)」や、大ぶり唐揚げが8個もつく「特盛鶏唐揚げ定食(900円/並盛は680円)」ならお腹も満足してくれるはず。しかも追加料金 200円でライスを「チョモランマ盛」にもできるのでアスリート級の大食漢もどんと来いといったところでしょう。

IMG20210930-007.jpg
▲ みんな大好き唐揚げもボリューム満点「特盛鶏唐揚げ定食(900円/並盛は680円)」

IMG20210930-008.jpg
▲ 具沢山でご飯が見えない丼ものたち

ご飯が見えないほど大胆に具がのる「カツ丼(980円)」「特上天丼(1000円)」「海老カツ丼(950円)」はボリュームもお値段も大満足のメニューではないでしょうか。

IMG20210930-009.jpg
▲ 和食だけじゃない!それが大衆食堂!

大衆食堂の魅力は和食だけではありません。懐かしい味わいの「オムライス(各種850円)」や「スパゲッティ―(各種750円)」、昔ながらの「屋台ラーメン(650円)」「炒飯(680円)」などもラインナップ。
様々な食の好みを全部受け止めてくれる場所。これぞ大衆食堂!

IMG20210930-010.jpg
▲ 毎日通っても飽きない豊富なラインナップ

大衆食堂といえば昼間からちょいと一杯といった楽しみもある訳で、『定食のまる大』では定食のおかずだけを単品のおつまみとして200円引きで注文することもできるほかに、「唐揚げ(80円/1個)」「モツ煮込 (300円)」「まぐろブツ(450円)」「焼鳥三本盛り合わせ(450円)」といったおつまみメニューも充実しています。

そそ、各種お惣菜や定食はできたてをテイクアウトすることもできるそうなので、お土産に買って帰れば「お父さんばっかり美味しいもん食べてずるい!」という家族の批判も回避できるはずです(笑)
いやいや、それよりも家族みんなで食べに行きましょうよ。
緊急事態宣言も解除されますし、大庄さんは新型コロナウイルス感染防止対策を徹底して営業してくれていますし、何より美味しいですし!

お子様連れにも嬉しい「0円無限ソフト」

IMG20210930-011.jpg
▲ 大人も嬉しいソフトクリーム食べ放題サービス

さらに、食事メニューをご注文した方には、3種のソフトクリームが無料(0円)で無制限に食べ放題となる『0円無限ソフト(商標登録申請中)』というサービスも常時実施するとのこと。
遠慮は無用とのことなので食後のデザートでも大満足しちゃいましょう。
※有料でのソフトクリーム食べ放題はありません

4週間連続のオープン記念キャンペーン

そして、今回も新店舗オープン記念のキャンペーンが実施されます。しかも、今回はオープン当日から 4週連続の週替わりで対象の定食が1コイン(500円)で提供されるという太っ腹企画です。
しかも、制限なし!期間中の対象メニューなら何回でも何食でも利用できるというからびっくりですね。
太っ腹にも程がありますよ、大庄さん!いや、ありがとうございます!

IMG20210930-012.jpg

『制限なし!4週連続の名物定食ワンコイン祭』キャンペーン概要

実施場所
新店舗『定食のまる大』飯田橋西口店
実施時間
各日11時30分~23時00分(状況に応じて変更する場合があります)
<第1週>10月4日(月)~10月10日(日)
「海鮮丼(900円)」「特盛唐揚げ定食(900円)」を期間限定500円で提供
<第2週>10月11日(月)~10月17日(日)
「豊洲まぐろ丼(1000円)」「とんかつ定食(ロースまたはヒレ990円)」を期間限定500円で提供
<第3週>10月18日(月)~10月24日(日)
「鬼盛肉野菜炒め定食(1200円)」「特上天丼(1000円)」を期間限定500円で提供
<第4週>10月25日(月)~10月31日(日)
「新鮮刺身5点盛定食(990円)」「カツ丼(ロースまたはヒレ980円)」を期間限定500円で提供

※各日・各週で数量制限・回数制限はありません(何回でもご利用いただけます)
※各日十分な数量を用意していますが、対象商品が品切れとなる場合もあります

▼ キャンペーン情報等は公式Instagramアカウントで公開されるそうです。

新店舗『定食のまる大』飯田橋西口店 店舗情報


『定食のまる大』飯田橋西口店(ていしょくのまるだい)
◆所在地: 〒102-0071 ◆東京都千代田区富士見2丁目3-7山田ビル1・2階
◆オープン日:2021年10月4日(月)
◆営業時間:11時30分~23時00分(状況に応じて変更する場合あり)
◆電話番号:03-3262-8696
◆客席数:75席
◆定休日:年中無休

上記 1号店のオープンを皮切りに、首都圏中心に年内さらに 6店舗の出店も予定されているそうです。
こんなお店が職場や学校や家の近所にできたら最高ですよね。
ふらっと一人で食べに行ってもいいし、仕事帰りのサラリーマンや部活帰りの学生さん、家族連れ、老若男女問わず広く受け入れられそう。
オフィスだけでなく学校も多い飯田橋に1号店をオープンする意味はそういったところにもあるようです。

ウチは田舎だからまだまだ先のことだと思いますが、大庄さんが今後もどんどん定食事業に力を入れて展開してくれれば皆さんの街にも『定食のまる大』がやってくるかもしれません。
いや、是非そうして欲しい。
大庄さんの新規業態に期待が膨らむ昭和オジさんなのでした。

FSC2

スポンサードリンク

中の人について

いぢま。

いぢま。Terufumi Ijima

静岡県出身、東京都在住。

1967年5月29日生まれのふたご座、血液型はA型、職業はフリーのシステムエンジニア兼ブロガー兼ライター兼カメラマン。

好きなものは仮面ライダー、特撮モノやSF映画、ギミックの付いたおもちゃ、iPhone・iPadなどのガジェット類、ビール、ウイスキー、飲み会、イベント、などなど。そんな話題を中心に日々情報収集と実践に励んでおります。

Powered by Movable Type 6.3.2